アイスマンの投資日記

1987年生まれのサラリーマンが運用で経済的自由を目指す

ベライゾンを20株買い増ししました。

現在、ソーシャルレンディングの資金移動して株の購入に充てているのでその一環ですが、ここ数か月、株価は下落基調で、ここ数日も下落していたので、びくびくしながらの購入です。

ここ数日株価が下落していた原因は18日、19日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が行われることから、様子見するためのポジション調整があったことです。

とはいえ、様々な景気指標が鈍化しつつあるので景気のピークに近づいている可能性は高いです。いつピークアウトするかはわかりませんけど、ここ数年のうちにはピークアウトしそうです。

少なくとも現在のダウ平均は約23600ドルなので、直近高値である10月3日の26828ドルから見ると11%くらいの下落ですし、下落率で見るとまだすごく下落しているとまでは言えない水準だと思います。

今回の下落がちょっとした調整なのか、そのまま株価が落ちていくのかはわかりませんが、これまで何度も調整局面はありましたが長期的にみると上昇していっていること、景気のピークアウトがあったとしても景気の循環によって再び好景気がやってくることを考えると、目先の株価下落はそこまで気にせずに、粛々と株を購入していこうと思います。

とはいえ、景気のピーク付近には来ていると思うので、ディフェンシブ銘柄のポジションを増やしていこうかと考えています。

スポンサードリンク

mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット