アイスマンの米国株投資日記

1987年生まれのサラリーマンが運用で経済的自由を目指す

コカコーラ【KO】の2021年第1四半期決算が発表されました。

売上:9,020百万ドル (前年同期比:+4.9%)
純利益:2,245百万ドル(前年同期比:-19.1%)
1株利益:0.52ドル(前年同期比:-18.8%)

コカコーラの2021年1-3月期決算は増収となりました。ワクチン接種の拡大や一部アジア地域(インドや中国)のコロナウイルス感染抑制策の緩和によって炭酸飲料の需要が堅調だったことが背景としてあるようです。

その影響もあって地域別では北アメリカとアジア太平洋での売り上げが増えています。
2021 1Q売上と営業利益伸び
ただ、遊園地などの娯楽施設が完全に元に戻らない限りはコロナ前ほどの需要とならないでしょうから、しばらくは完全回復という状況には戻らなさそうです。

ワクチンの接種で先行しているイスラエルでは接種が進むにつれて、新規感染者数が減ってきているので、今後はワクチンの接種がどれくらいのペースで打たれて、新型コロナウイルスの影響をなくしていくことができるかというのがネックになっていきそうです。

コカコーラが同時に発表した2021年度の見通しは買収・売却・為替の影響を除いたオーガニック売り上げが1桁台高めの増加、1株利益の伸びが1桁台高め~2桁台低めとしています。

コロナの影響をまだ受けるような状態ですので、この通りに行くかはわかりませんが、これからは経済が回復していくということはいえるでしょうから、時間がかかったとしてもコカコーラの業績は回復していくと思います。

スポンサードリンク

mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット