アイスマンの米国株投資日記

1987年生まれのサラリーマンが運用で経済的自由を目指す

平昌オリンピックが始まりましたね。

フィギュアスケート、アイスホッケー、スキージャンプ、ショートトラックなどが行われておりまして、観戦している人も多いかと思います。

その中で、スキージャンプはレジェンドといわれる葛西紀明選手が出場しており、注目されています。ノーマルヒルは残念ながら21位でしたが、前回とった銀メダルはラージヒルでしたし、ラージヒルの方が得意としているそうなので、ラージヒルに期待です。

葛西紀明選手がすごいのはオリンピックに8回連続で出ていることで、それだけですごい記録です。葛西選手の出た大会は

1992年:アルベールビル
1994年:リレハンメル
1998年:長野
2002年:ソルトレーク
2006年:トリノ
2010年:バンクーバー
2014年:ソチ
2018年:平昌

でして、26年くらい世界で活躍し続けているんです。

1992年のアルベールビルと1994年のリレハンメルは2年しか間が空いてないので、すごさがちょっと減ってはしまいますが、それを考慮してもすごいです。

オリンピックは1回出るだけでもすごいですけど、葛西選手はそれを積み重ねて出場回数が8回までいったわけです。ですので、積み重ねていった結果、すごいことになったんだと思います。


オリンピックにでることは一般人の私たちにはできないですが、一般人であってもできることを積み重ねることで結構なところまで行けると思います。

アイスマンは投資を始めたときは資金が50万円でしたが、資金の投入と配当金の再投資や売却益を得ることで今では2000万円くらいにまでなりました。

投資スタンスは途中で変わって、昔のキャピタルゲイン狙いから現在の配当金の再投資を主としたスタンスに変わっていますが、それでも給料を投資に回すということを繰り返してきたからこそ、ここまで資産が増えたと思います。

人によってなりたい自分像は違うと思いますが、目標を達成する方法は継続することだと思います。

アイスマンは、今後も給料から投資資金を捻出することを継続することを肝に銘じて経済的に自由を目指したいと思います。

スポンサードリンク

mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット